印鑑と実印の違いとは?初心者でも分かる実印のサイズや値段による作成ガイド
印鑑と実印の違いを知りたい方へ。実印の選び方、サイズや値段、女性におすすめの書体まで、初心者向けに分かりやすく解説します。

印鑑と実印の違いとは?初心者でも分かる実印のサイズや値段による作成ガイド

編集部さくら

編集部
さくら

 
印鑑と実印の違いを知りたい方へ。実印の選び方、サイズや値段、女性におすすめの書体まで、初心者向けに分かりやすく解説します。

印鑑と実印の違いとは?

印鑑と実印の違いを知ることは、初めて実印を作成する方にとって重要です。ここでは、それぞれの特徴と用途について詳しく説明します。
黒い印鑑と朱肉

 

印鑑とは?

印鑑は、個人や企業の印章を指し、日常的な書類や手紙に使用されます。印鑑にはさまざまな種類があり、用途によって使い分けられます。例えば、銀行印、認印、実印の3種類が代表的です。

 

【関連記事】印鑑の種類を徹底解説!素材の特徴や用途で選ぶあなたに合った印鑑ガイド

 

銀行印

金融機関での取引に使用されます。口座開設や各種手続きに必要な印鑑で、一般的には少し小さめのサイズが使用されます。

 

認印

日常的な使用に適しており、宅配の受取や簡単な書類への捺印に使われます。手軽に使えるため、持ち運びやすいサイズが選ばれることが多いです。

 

実印とは?

実印は、法的な効力を持つ重要な書類に使用される印章で、市区町村に登録する必要があります。不動産取引や公正証書の作成などに使われ、個人の信頼性を証明する重要な役割を果たします。

 

実印は、市区町村に登録されることで初めて法的効力を持つようになります。この登録手続きには、本人確認書類が必要で、登録後に発行される「印鑑登録証明書」は、実印が正当に登録されたことを証明します。

実印の選び方

女性が実印を朱肉に付けている様子
実印を選ぶ際には、サイズや書体、素材などさまざまな要素を考慮する必要があります。ここでは、選び方のポイントを紹介します。

 

実印のサイズ

実印のサイズは、一般的に12mmから18mmの間で選びます。男性と女性ではおすすめのサイズが異なるため、以下で詳しく説明します。

 

女性におすすめの実印サイズ

女性には、細めで扱いやすい12mmから15mmのサイズが人気です。手にフィットしやすく、持ち運びにも便利です。また、女性の手のサイズに合った細身の実印は、より美しく見えることが多いです。

 

男性におすすめの実印サイズ

男性には、15mmから18mmのサイズが適しています。力強い印影を残すことができ、正式な場面でも安心して使用できます。大きめの実印は、信頼性と堂々とした印象を与えます。

 

実印の書体

書体の選び方も重要です。篆書体や隷書体など、伝統的な書体が一般的ですが、個性を出すために行書体や楷書体を選ぶこともあります。

 

女性に人気の書体

女性には、柔らかい印象を与える行書体や篆書体が人気です。優雅で上品な印影を残すことができます。行書体は、流れるような線が特徴で、繊細な印象を与えます。

 

男性に人気の書体

男性には、力強く堂々とした印象を与える篆書体や隷書体が好まれます。公的な場面でも適した印影を残します。篆書体は、古代中国の文字を基にした書体で、重厚感と伝統を感じさせます。

 

実印の素材

実印の素材には、木材、石材、金属などさまざまな選択肢があります。耐久性や見た目の美しさを考慮して選ぶことが大切です。

 

木材の実印

木材の実印は、温かみがあり、手に馴染む感触が特徴です。桜や欅などの国産材が人気です。木材は加工しやすく、独特の風合いが魅力です。

 

石材の実印

石材の実印は、重厚感があり、長持ちするのが特徴です。黒水牛や象牙など、高級感のある素材が人気です。石材は、磨き上げられた美しい光沢があり、高級感を演出します。

 

金属の実印

金属の実印は、耐久性があり、使い勝手が良いのが特徴です。ステンレスやチタンなど、モダンな素材も選ばれています。金属製の実印は、堅牢で長期間使用しても変形しにくいです。

実印の作成方法

印鑑を朱肉に付けている様子と印鑑ケース
実印を作成する際のステップについて説明します。どこで作成するか、どのような手続きを行うかを具体的に紹介します。

 

実印の作成場所

実印は、印鑑専門店やインターネットの印鑑作成サービスで作成できます。信頼できる業者を選び、品質の良い実印を作成しましょう。

 

【関連記事】通販だから安い!ネットで作成できるおすすめの印鑑屋さん【厳選6店】

 

実店舗の印鑑専門店では、職人による手彫りの実印を注文することができます。これにより、唯一無二のオリジナル実印を手に入れることができます。インターネットのサービスを利用すれば、自宅にいながら簡単に注文ができ、多くの選択肢から自分に合った実印を選べます。

 

実印の登録手続き

実印を作成したら、市区町村の役所で登録を行います。登録手続きには、本人確認書類が必要です。登録が完了すると、実印登録証明書が発行されます。

 

実印の登録には、以下のステップが必要です。

  1. 実印を作成した後、市区町村役所の窓口に行きます。
  2. 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)を提示し、印鑑登録申請書に記入します。
  3. 登録手続きが完了すると、「印鑑登録証明書」が発行されます。この証明書は、実印を使用する際に必要となる重要な書類です。

 

この記事を通じて、印鑑と実印の違い、実印の選び方、そして実印の作成方法について理解を深めていただければ幸いです。これらの情報を参考に、自分にぴったりの実印を作成してみてください。